DirectX9必携 増補版(電子書籍)

本書は2010年にリリースしたDirectX9必携の増補版という位置付けの書籍になります。多くの部分はDirectX9必携そのままで、Direct3Dについて75項目程度を追加した形の電子書籍になります。 PDFファイルでのご提供となります(紙の書籍ではありません)。 Direct3D以外のAPI、DirectSound,DirectInput,DirectSetupについてはDirectX9必携と全く同じであり変更点追加点はありません。 仕事上、筆者はよく本書を利用するのですが、「こんなことも載ってなかったのか」と思うことが何回かありました。具体的にはDirect3Dの頂点バッファを利用してのポリゴンやメッシュの作成がその1つです。OpenGLの仕事をしているときに、頂点バッファを作成してモデルを作成することが多いのすが、そんな時本書を参考にしようと思って開いてもみても基本的な頂点バッファ方式のやり方が載っていません。これはまずいと思ったのがきっかけです。 サンプルプログラム数で57サンプル、項目数で75項目増やした本にしました。 内容についてはこちらのページをご覧ください。 電子書籍の決済後の流れ等はこちらをご覧ください。
販売価格
6,500円(税込7,020円)
購入数