DIRECT3D11必携

本書は、 2009年12月に発売を開始したDirectX9必携の後継となる書籍であり、 Direct3Dの基礎から応用までを実際に動くプログラムとともに解説していくという内容です。 さて皆さんは次のような経験がないでしょうか。 筆者もたまに経験することなのですが、新しい技術、例えばジオメトリシェーダーを勉強してみたいと思っても、SDKのサンプルは多機能すぎて解析が非常に困難であったりします。ごく初歩的なサンプルがあればいいのにと思うのですが、どこにもそのようなサンプルがありません。 また逆に基礎的なことではなく、高度な応用技術のサンプルについてもなかなか見つけることができません。仮に見つけられたとしても、不親切で非常に解析し辛いコードではないでしょうか。 本書のサンプルは、それらの状況に応えることを目的としています。 なお、DirectX9必携はDirect3D及びDirectSound、DirectInput等を網羅していますが、本書はDirect3D11のみとなります。ただ、Direct3D分野に関しては、従来の内容を踏襲しつつ、Direct3D11の新機能に関するサンプルや解説が増えています。そのため、内容のボリュームはむしろ本書のほうが濃いと思われます。 なぜDirect3Dだけに絞ったかというと、2つ理由があります。ひとつは、既に述べましたが、3D分野だけでもかなりのボリュームになったため、サウンド等も含めると膨大なページ数になってしまうということがあります。 もうひとつは、3Dと違いサウンドや入力は周辺知識というよりも運用できればそこまで、という場面が多く、3Dに比べ、さほどサンプルを作る必要がないと感じています。そして、サウンド等のサンプルについては、基本的なことはノースブレインの別の書籍「DirectX10/11プログラミング」で既に網羅しているというのが理由です。サウンド等の運用に関しては「DirectX10/11プログラミング」で十分であると判断しました。
定価 8,300円(税込8,964円)
販売価格
7,719円(税込8,337円)
購入数